第21回アクセントナレーションコンテスト


第21回アクセントナレーションコンテストの開催が、声優ナレーター事務所アクセントのHPで告知されました。

募集締切 2018/6/4
応募資格
  • 年齢性別問わず
  • 特定のプロダクションと契約のない方

(アマチュア劇団、プロダクションの養成所は可、元プロ・元局アナは不可)

応募書類
  • CDに、3分以内でナレーション・朗読・詩等を吹き込む
  • セリフ、歌のみは不可(ナレーションが入っていれば可)
  • テーマは自由
  • 効果音・BGMは可
応募方法 郵送のみ
添削を希望の場合は2000円分の郵便小為替(希望しない場合不要)
賞典 金賞10万円
銀賞 6万円
銅賞 3万円
佳作 2万円
銀賞以上はプロへの相談可
附属養成所シャイン夏期講習へ無料参加可

前回2年おきの隔年開催になることが告知され、2年ぶりの開催となる第21回アクセントナレーションコンテスト。前回の変更点としてMDが不可となり、CDのみとなりました。

また注意書きにもあるように、あくまでナレーションコンテストであるため、セリフのみの投稿は禁止されています。ナレーションとセリフの違いについてですが、ナレーションは第三者視点であることがあげられます。そのため客観的な視点で語りかける、演題に立って観衆の前でプレゼンテーションをする、観衆が理解できるように語りかける、そんな風に意識するとナレーションぽくなると思います。(さらに録音したものを聞き返して、内容がよく理解出来るのであれば良いナレーションだと思います)

なお、毎回書いていますが、このコンテストの一番の利点は、二千円を払えばアクセント所属のナレーターやマネージャーに添削をしてもらえることです。養成所の先生以外から、先入観のない状態で客観的に評価してもらえますので、セカンドオピニオンとして活用しましょう。

ナレーションコンテスト添削

過去20回のコンテストで金賞受賞者は現れず、実質幻の金賞となっています。一度ぐらいは金賞受賞の報告を見てみたいので、皆さん頑張ってください!

アクセントナレーションコンテスト募集ページ

http://aksent.co.jp/blog/600/

みんなのコメント (Twitter連動がオススメです)