INTENTION WORKSHOP AUDITION 2018


声優・鈴村健一氏が社長を務める声優事務所INTENTIONのHPで、今年で4回目になるワークショップオーディションの開催が告知されました。

募集締切 2017/11/30(木)必着
応募資格
  • 13歳以上の心身共に健康な男女
  • 現在、プロダクション・レコード会社・音楽出版社等と契約の無い方
  • 演技経験の有無は不問
募集人数 20名
クラス人数 10名
授業時間
  • 2018年4月~6月(全13回)
  • 週1回(1コマ4時間)
  • 開始日 2018年4月6日(金)
授業料 1コマ3000円
応募方法 郵送
応募書類
  • 履歴書
  • 写真
  • ボイスサンプル
  • 作文テーマ「あなたにとってのエンターテインメント」
賞典 ワークショップ修了後、インテンション所属の可能性あり

応募資格は昨年との変更点は一切見られません。4時間10人の授業で一コマ3000円、講師は変わらず鈴村健一氏となっており、格安で第一線の声優の指導が受けられるワークショップになっています。

応募書類に関しては、セリフとナレーションのボイスサンプルには変わりはありませんが、作文のテーマが「あなたにとってのエンターテインメント」と、かなり大きな括りでありながら哲学的というか、とても難しいお題になっていますね。(前回のテーマ、3年後の自分の方が書きやすかったかも)

なお、つい先日、インテンションワークショップから初の所属者が公表されました。コナミのときめきアイドル川口夏海役を演じる川井田夏海さんは、第二回声優魂の優秀賞を獲得後、インテンションのワークショップに通っていたようです。

今年で4回目の募集ですが第一回から変わらず募集人数は20人ですので、恐らくは100倍前後の競争率になるのではないかと予想します。まずは大勢の中から選ばれるためにボイスサンプル、作文をがんばりましょう!

最後に、鈴村氏の解説を読めば分かる通りインテンションワークショップの目指す芝居は”自然な演技”であり、心の反応の結果応じる所作を重視しています。スタニスラフスキーが提唱したメソッド演技と呼ばれるものに近く、それらを理解するうえでお勧めの書籍を紹介しておきます。

   『鴻上尚史著 演技と演出のレッスン』
スタニスラフスキーの提唱したメソッド演技のシステムをベースに、演技とは何かをわかりやすく解説しています。
  『平田オリザ著 演劇入門』

セリフの動機づけを詳細に理論的に解説しています。同じ著者の『演技と演出』の方もおすすめです。

 


募集サイト(インテンションサイト内)

http://intention-k.com/workshop/

みんなのコメント (Twitter連動がオススメです)