第11回81オーディション結果


第11回81オーディションは応募者数1,996人、最終審査は21人で行われ、優秀賞(グランプリ)は男性が2名選ばれました。

前回は第10回という記念大会だったため、年齢制限を撤廃するなどして過去最高の応募者数だったのですが、今回は年齢制限も復活し応募者数も例年通りとなりました。

最近の81関係のオーディションはほとんど女性が賞を取っていたのですが、今回は優秀賞(グランプリ)を男性2人が取るという異例のパターンとなりました。確かに最近の81プロはエイベックスと組んでから女性アイドル声優を大勢抱えており、売り出すなら男性の方が空きが多く結果的にはちょうど良かったのかもしれません。(つい先日もWUGのオーディション結果が発表されて女性3人が81所属になったばかりですし) 最後の南沢社長の総評も、斉藤壮馬さん江口拓也さんを引き合いに出すなど、今回の81オーディションの結果を象徴したものとなっていました。

優秀賞の 折原秋良さんは好青年なルックスが印象的で、一方の合田葵さんは甘い感じ、元バンドマンでドラマーからの転身だそうです。個人的に目を引いたのは齋藤峻さんと水野亜美さん。齋藤さんは個性的なキャラクターで視聴者の反応も上々でしたので、タレント声優としての伸びしろは一番かもしれません。あと妙にナレーションが上手かった(笑) 女性では水野亜美さんの声が個性的で印象に残りました。

以下データになります。81オーディションTwitterより引用

【応募総数】:1,996名(前回2,828人)
【1次審査通過】:217名
【2次審査通過】:22名
【最終選考参加】:21名

【特別賞受賞】:4名
【優秀賞(グランプリ)受賞】:2名

1次審査は217名で全応募者の約10%、最終選考は21名で約1%、グランプリは2名で約0.1%の割合になります。数字だけ見れば本当に激戦ですね。しかし裏を返せば何万人もいると言われる声優志望者のうち、たったの2000人しか応募してないわけで、本気で声優を目指している人は思ったよりも少なく、世間的に思われているほど競争率は高くないのかもしれません。

決勝進出者

優秀賞 折原秋良 合田葵
特別賞 齋藤峻 後藤彩佐 柴田真璃奈 鈴木花
サミー賞 折原秋良 合田葵
JOYSOUND賞 齋藤峻 柴田真璃奈
スタジオディーン賞 齋藤峻 白田千尋 水野亜美
文化放送賞 齋藤峻 後藤彩佐
小学館賞 阿保まりあ 中村志織 水野亜美

決勝進出者

No. 名前 年齢  出身  歌  タイトル
1 阿保まりあ 16 宮城 相川七瀬 夢見る少女じゃいられない
2 磯村巧太 19 愛知  一ノ瀬トキヤ(宮野真守) My Little Little Girl –
3 折原秋良 20 神奈川 福山雅治
4 嘉藤亜美 16 鳥取 YUI Rain
5 北村大 22 栃木 斉藤和義 歩いて帰ろう
6 合田葵 22 山口 RADWIMPS なんでもないや
7 後藤彩佐 17 愛知 戸松遥 Q&A リサイタル!
8 齋藤峻 18 東京 ささきいさお 宇宙戦艦ヤマト
9 佐藤瑞貴 17 千葉 高橋優 福笑い
10 塩田芽衣 17 広島 いきものがかり 残り風
11 柴田真璃奈 17 愛知  シェリル・ノーム starring May’n ダイアモンド クレバス
12 白田千尋 20 北海道 スキャンダル 少女s
13 鈴木花 19 千葉 ランカ・リー(中島愛) アナタノオト
14 高須聖来 17 埼玉 米津玄師 orion
15 武田花音 17 埼玉 松任谷由実  春よ来い
16 富永修平 24 神奈川 THE BOOM からたち野道
17 中村志織 16 京都 スキマスイッチ 奏(かなで)
19 濱砂優花 20 福岡 涼宮ハルヒ(平野綾) God knows…
20 水野亜美 18 広島  SPEED White Love
21 宮澤侑希 20 埼玉 DOES 曇天
22 山上敏諒 21 埼玉 TETRA-FANG Supernova

 

みんなのコメント (Twitter連動がオススメです)